思い出の電車

神戸市営地下鉄3000形が引退すると聞いて

公式 https://www.city.kobe.lg.jp/a90404/841939522398.html

事の発端

スマホでダラダラとInstagramを見ると、神戸市交通局公式アカウントからの投稿で僕は衝撃を受けた。「3000形が今年の7月いっぱいで定期運行を終了」という文字。それを見た僕は動揺した。運用開始が1993年というのに。

ということで、真夏の名谷駅

ホームに屋根があるとはいえ、暑いのは変わりがない。1時間以上粘るのは覚悟の上だが事情で時間制限アリ。ハイエンドコンデジを片手に待つのみ。一発勝負なのでお目当ての被写体が来る前に練習した。

練習用の被写体なので問題なし

いくら待っても来るのは最新型の車両だ。将来すべてこの車両に置き換わる。本音は撮っても仕方がないが、練習用の被写体としてはピッタリ。

側面のデザインが好みではない。

2000形。3編成しかない。

ようやくお目当ての被写体、3000形がやってきた。

幼い頃からよく利用していた車両で遠足に行くにも、校外学習に行くにも、遊びに行くにも、高校の通学にも、とにかく僕にとって思い出のある車両でこれが最後かと思うと寂しい気持ちになった。今まで鉄道車両が引退するときは本当に他人事のように思っていたが、いざ普段から利用している路線になると「せめて最後の勇姿を見よう」と思ってしまう。なぜだかよくわからないけれど。そしてなにより、たくさんの思い出が蘇り帰りの電車で僕は泣きそうになった。

最後のお別れ。楽しいときも辛いときもたくさんの思い出を乗せてくれてありがとう。

おまけ

メロンソーダフロート美味しかった!!!

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivaldi